トップ / 花粉症と免疫力の関係について

花粉症を乳酸菌で改善

花粉症と免疫力の関係について

これから誘発する可能性はある

花粉症にかかる人は年々増えているようですが、そもそもなぜ花粉症は発症するのでしょう。花粉は体内に入っても特に有害な物質ではないはずです。また、同じ環境にあっても花粉症にかかる人もあればそうでない人もいます。不思議なことですね。このように無害な花粉を有害な異物とみなしたり、同じ条件下でも発症する人しない人があるのは花粉症の発症には免疫力が大きく関係しているからです。

免疫機能がバランスを崩していることを免疫力が落ちているともいいますが、このような状態にある時免疫系は花粉を有害とみなすという間違いをしてしまいます。そしてターゲットとみなした花粉に接触するたびにこれを排除するための抗体を作り続けます。

健康な状態では異物の排除が完了すると抗体はちょうど良いバランスに落ち着くのですが、免疫バランスが崩れていると花粉に接触するたびに抗体は増えて蓄積し、再度花粉が侵入してきた時激しく反応してこれを追い出そうとします。アレルギー体質の自覚がない方でもある時突然に花粉症にかかる可能性があります。それは免疫力がおちて抗体が蓄積し過ぎた結果なのです。そして一度花粉症にかかるとちょうど良いバランスを取り戻せずに、毎年花粉の季節に患うことになる場合が多いのです。

免疫力は健康でいるためにとても大切な要素です。免疫バランスがよくないとアレルギーのように過剰に暴走したり、逆に防御が甘くなって感染症にかかりやすくなったりします。またがんを発症するリスクも上がると言われています。

免疫力は高くしておきたいものですが、これには少し注意が必要です。アレルギー体質の方では、安易に免疫系を刺激するお薬を使ったりするとアレルギー症状がひどくなったりすることがあるのです。体のベースから見直すつもりでライフスタイルや食生活を見直して免疫力アップを図りましょう。