トップ / 乳酸菌で花粉症を改善する

花粉症を乳酸菌で改善

乳酸菌で花粉症を改善する

免疫細胞のバランスを整える作用が

花粉症の症状を左右するのは免疫力だということがわかりました。一度かかってしまった花粉症はもう治らないのかというとそんなことはないようです。体の免疫力をアップすることで症状を改善することは十分にできます。花粉症の症状をやわらげるのにヨーグルトがよい。というニュースを聞いたことはありませんか?

なぜヨーグルトが花粉症に効き目があるのでしょう。ヨーグルトには腸内細菌のうちの善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれています。この中でもある特定の乳酸菌やビフィズス菌が花粉症の症状改善に貢献してくれるらしいのです。もし 乳酸菌の情報について知りたいと思っていらっしゃるならどうぞこちらを読んでみてくださいね。

乳酸菌やビフィズス菌はどのように花粉症を改善してくれるのでしょう。それはこれらの菌が免疫バランスを整える働きをしてくれるからなのです。まず、アレルギーに関係のある免疫細胞に「Th1細胞」「Th2細胞」というものがあります。通常「Th2細胞」がアレルギーを促し、「Th1細胞」がこれを見張ってアレルギー反応を抑えます。アレルギーが起きやすい時は「Th1細胞」のバランスが崩れているのです。

ある特定の乳酸菌やビフィズス菌はこの「Th1細胞」のバランスを整えまた「Th2細胞」の働きを抑える働きがあることがわかっていてきます。さらに、これらの免疫細胞のバランスが整うことで腸内の状態が良くなると免疫力がアップし、その結果抗体であるIgEの値が下がって花粉症の症状が改善するというメカニズムが解明されているのです。

花粉症などのアレルギー症状の改善に効果があるとされている乳酸菌は、フェカリス菌、L-92乳酸菌、KW乳酸菌、ビフィズス菌bb536、LG21乳酸菌などがあげられます。また、研究が進められて新しく有効な乳酸菌が次々と発見されています。